1. TOP
  2. /
  3. CSロープとは

解決策を一緒に考えます
一人で悩まないでまずはご相談ください

相談支援事業所「CSロープ」は、身体・知的・精神・難病など何らかの障害がある方や、障害のあるお子様とそのご家族の相談に応じ、専門的に必要な情報提供や助言を行い、病院・企業・施設・学校・公的機関との連絡・調整を行う身近な相談窓口です。

CSロープ

CSロープはContinual support(継続的な支援)とRelation of people(人々の関係)の頭文字から名付けた相談支援事業所です。人とのつながりによる継続的な支援を目指し、どんな状況においても相談者の将来を一緒に考え計画を立てていきます。

01利用計画の作成

福祉サービスを利用したい方の希望や目標をお聞きし、その方に適した障害福祉サービス等の利用計画を作成します。作成した後も定期的に利用状況などをモニタリングさせていただき、利用計画に修正が必要な場合があれば作成を見直しながら、その方の今と将来を一緒に考えていきます。様々なサービスを受けるためには申請が必要です。

02特定相談支援

特定相談支援
基本相談
計画相談
サービス利用支援
継続サービス
利用支援

特定相談支援には「基本相談」と「計画相談」があり「計画相談」には「サービス利用支援」と「継続サービス利用支援」があります。
「サービス利用支援」は、障がい者(児)の抱える課題の解決や適切なサービス利用に向けて、サービス種類などを記載した「サービス等利用計画案」を作成します。 そして、支給決定の後に、サービス事業者等と連絡調整の上「サービス等利用計画」を作成します。 「継続サービス利用支援」では、支給決定期間内の一定期間ごとに、サービス等利用計画が適切かどうかモニタリングを行って「サービス等利用計画」の見直しなどの支援をします。

ELIGIBLE PERSON どんな人が相談できるの?

「計画相談」を利用できるのは、障がい福祉サービスの利用を申請した障がいがある人と障がいがある児童です。
具体的には、次の人が対象となります。

障がい福祉サービスを利用する場合には、障がい福祉サービス固有の行動援護、同行援護、自立訓練(生活訓練)、就労移行支援、就労継続支援等を利用している人で、市町村が必要と認める場合に対象となります。
市町村の福祉の窓口に行って、計画相談に対応している特定相談支援事業所について教えてもらいましょう。

FLOW 相談の流れ

面談・アセスメント
障害のある方ご本人の意向、お悩みや課題などをお聞きしながら必要なサービスや状況を整理します。
プランニング
アセスメントをもとに相談支援専門員がサービス等利用計画案を作成します。
ケース会議
ご本人や相談支援専門員、自治体スタッフなど関係者で計画について話し合います。
支給決定
作成したサービス利用計画案などをもとに、自治体がサービス内容の支給決定を行います。
サービス利用開始
ケース会議で確定したサービス等利用計画を市区町村に提出し、サービスの利用を開始します。
モニタリング
定期的に、ご本人のご意向や、事業所から利用状況の聞き取りを行い、必要に応じて計画の変更をします。

リモートでのご相談も受け付けております。

サービス提供地域
多治見市/土岐市/瑞浪市/恵那市/中津川市/
可児市/加茂郡/可児郡/美濃加茂市/各務原市/
犬山市/春日井市/瀬戸市/尾張旭市/その他

OUTLINE 施設概要

住所
〒507-0024 岐阜県多治見市大正町1-4-2 コーポラスHIDA 206
TEL
0572-26-7973
MAIL
rop@c-power.jp
対象障害
身体障害/知的障害/精神障害/発達障害/難病
駐車場
あり(ご案内します)
施設
施設内バリアフリー対応

CONTACTお問い合わせ

お困りごと、わからないことがございましたらお気軽にご連絡ください。

0572-26-7973 メールでのお問い合わせ

〒507-0024
岐阜県多治見市大正町1-4-2
コーポラスHIDA 206

〒507-0048
岐阜県多治見市池田町1-78